スッピン勝負できる?

四季と肌の関係

綺麗な山の紅葉

日本には四季があり、それぞれ気温や湿度が違うため、肌の状態も変化します。
春は冬に作られた角質が残っており、また乾燥しているのでかさつきやすいです。
保湿クリームを塗り、マッサージなどで新陳代謝を促進して角質を剥がすことが大事です。
また春先から紫外線が強くなります。
1日の温度差が大きいので水分と油分のバランスがとりにくい中、紫外線のダメージが加わればバリア機能が低下するので、日焼け止めを忘れないようにします。
夏は日差しが最も強いので、日焼け止めがより重要です。
それでも日焼けして赤くなった時は、収れん効果の高い化粧水や冷やしたタオルで毛穴を引き締めます。
汗をよくかくので洗顔を頻繁に行いがちですが、洗いすぎると皮脂が流れ落ちてかえって過剰な皮脂の分泌を引き起こすため、洗顔は朝と夜の2回に抑えます。
秋は夏のダメージを受けた肌が、乾燥の影響を受けてトラブルを起こしやすくなります。
油分が多い化粧品は肌への負担となるため、水分の蒸発を防ぐセラミドで保湿ケアを行うと良いです。
紫外線の影響は秋になって出始めます。
シミやソバカスが増える時期なので、シミを消すための対策として夏場の過ごし方や肌質に応じて美白化粧品を使います。
冬は1年間で最も肌がダメージを受ける時期です。
冷たい空気や風、暖房などがバリア機能を低下させます。
また冷え性の人は冷え込みが厳しくなるにつれて、血色が悪くなり肌も栄養不足になります。
定期的にマッサージすることで血行を改善して、透明感のある柔らかな肌を守ります。
目の周りや唇は皮脂腺がないので乾燥しやすいです。
マッサージの時にアイクリームやリップクリームを塗ると保湿できます。
室内の暖房は風が直接当たらないように注意しましょう。